2010年04月14日

花粉症と過労・ストレスの関係

家 過労やストレスは、花粉症によくないそうですが、なぜですか?




病院 鼻の粘膜は、非常にデリケートにできています。

鼻の持っている繊細な機能は、精神的なストレスや、過労によって大きく

影響を受けます。


たとえば、精神的なストレスや過労のために、腺からの分泌物が減少すると

粘膜表皮部は、乾燥状態になります。


これが直接、線毛の運動を障害する原因となり、異物の排除機能が妨げられ

てウイルスや、細菌の侵入を容易にします。


スギ花粉の患者さんばかりでなく、まだ発症していない人にとっても、

こうした状態は、鼻の中に入ったスギ抗体が粘膜の中へ侵入するのを許す

ことになり、花粉症を起す原因にもなります。


異物を排除するしくみが損なわれ、異物が鼻の粘膜へかんたんに侵入する

ようになるわけです。


精神的ストレスや、過労は、鼻粘膜の静脈の血液の循環を不安定にします。


その結果、粘膜への栄養、酸素の補給が障害されて、腺からの分泌や抗体

生産に影響がでるものと考えられます。


このような粘膜の病的変化は、睡眠不足、体の冷え、乾燥、排気ガスに

よっても起ります。


人気ブログランキングへ


posted by 徳永ケビン at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。