2011年02月02日

花粉症は、じつは水分や老廃物を出している体の反応




家 花粉症は、水分や老廃物を出している体の反応でもあると

 いうことですか?


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010952s.jpg

そうです。

人間は、常に自分の体を良くしようとしているんです。


  体が冷えたら、熱を出す。

  のどに何かを引っ掛けたらせきをする。

  悪いものを食べたら、吐くか下痢をする。


だから、体の反応に悪いものは何もないんです。


病気は、人間がよりよく生きようとするための反応なのに、

西洋医学は、そうした症状がみな悪いものだと考えて抑えようと

しがちなんですね。


抑えることができたとしても、次にまた違う病気が出る可能性が

あります。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家 症状を、どんどん表に出させたほうがいいということ?

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当はそうなんです。

アレルギーであれば、どんどん汗をかいたり、おしっこを出したりする。


だから、何かの病気で高熱が出たときに、それを無理に抑えようとすると

病気は長引いてしまうんです。


むしろ、熱を出させたほうがいいんです。


風邪のときなど、葛根湯(かっこんとう)を飲飲むのは、

体をさらに温めて、汗を出させるためですから。


うとうと.jpg




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ
にほんブログ村


posted by 徳永ケビン at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | アレルギー疾患Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。